上位投信を見る

今回のランキングは、2010年1月1日から4月25日までの期間、YOMIURI ONLINEの「ファンド検索」と「投信ポートフォリオ画面」で閲覧された回数の多かったものを取り上げました。

上位にあるファンドほど、多くの方に検索されたか、多くの方に「投信ポートフォリオ画面」に登録されているものです。

 閲覧回数のTop5を見ると、純資産が大きいファンドが上位に並んでいます。ランキング第1位の「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)」(国際投信投資顧問)は日本で一番純資産が大きな公募追加型投資信託です。

第5位の「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」(ピクテ投信投資顧問)も純資産では2位です。2位、3位の「ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)」(大和投信)、「短期豪ドル債オープン(毎月分配型)」(大和住銀投信投資顧問)も、それぞれ純資産8位と9位のファンドです。

 詳細なランキングで閲覧上位50本を見ると、そのうち38本が純資産1000億円以上のファンドとなっており、やはり純資産が大きいファンドの閲覧回数の多いことがわかります。

純資産が大きいということは、ファンドを保有している方が多く、それだけ多数の方に注目されていると考えられます。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/toshin/ranking/20100506-OYT8T00136.htm
スポンサードリンク

野村証募集のブラジル・インフラ関連株投信、約800億円

野村証券が募集し、きょう設定された「野村ブラジル・インフラ関連株投信」(設定は野村アセットマネジメント)の設定額が796億1788万円と、800億円近い大型設定となった。
 同証券では今年1月に新規募集した「JPM世界鉄道関連株投信」で約1139億円を集めている。2カ月連続して分配型でない株式ファンドに、個人マネーが流入したことについて、野村証券は「個人が通貨選択型ファンドや債券型ファンドを選好する傾向に変わりはなく、株式ファンドであれば依然として新興国ファンドや中でもブラジルへの投資に人気があることにも変わりはない」としている。

 そのような中において、1月の「JPM世界鉄道関連株投信」は国内初の鉄道にフォーカスしたファンドで、新興国を中心とした都市化と、先進国では深刻化する環境問題を踏まえ、世界的に鉄道インフラの整備が加速するというテーマが投資家を引き付け、今回の「野村ブラジル・インフラ関連株投信」も「ブラジル」「インフラ」という成長性に結びつく格好のテーマが投資家に受けたようだ。

 「JPM世界鉄道関連株投信」の1000億円を上回る大型設定は、09年新規設定ファンドの当初設定額でトップだった「SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)」62007329JPの約956億円を抜いたほか、07年7月にドイチェアセットマネジメントが設定した「DWS地球温暖化対策関連株投信」62006154JPの約1541億円以来2年半ぶりとなる大型設定だった。

 10年の新規ファンド設定額ランキングでは、1位、2位を野村証券が募集した「JPM世界鉄道関連株投信」と「野村ブラジル・インフラ関連株投信」が占め、3位は大和証券投資信託委託の「ダイワ印伯中・国家基盤関連株ファンド─未来のデッサン─」(販売は大和証券)の約288億円となっている。
スポンサードリンク

投資信託の宿命

なんかいい金儲け話でもないかな〜なんて言ってると、「あるわけね〜だろ、バ〜カ」と言われました。なるほどよく考えないでもあるわけないと妙に納得する自分です。

投資信託とか株式取引を辛抱強くやってみるか!昔からそう思っていはいるんですけどなかなか辛抱強くやるということができないですね。

さて今回は投資信託のことについて考えてみたいと思うので少しの間お付き合いをお願いしますね。

始めて投資をするという場合には投資信託はいいのではないかと思うんですよ。なぜかと言うと、小額からできることと、リスクの分散を考えた投資であるということなんですよ。まぁほとんどのファンドは元本保証はしていないんですけどね、リスクはないとは言えないでしょうね。

でもね、その投資信託がどんなものに投資していくのかはよく吟味して考えた方がいいと思いますよ。自分が半信半疑だったら損失が出たときに納得できないんじゃないでしょうか?

それだったら自分の投資スタイルにあっている投資信託を選ぶべきだと思ったりもするんですよ。

それとね、優秀なファンドマネージャーってよく聞く言葉だと思うんですけどね、いくら優秀だからといっても不可抗力ってものがあるってことを忘れちゃならないですよね。

例えばの話ですが、株価が暴落もしくはそれに近いような状態に陥った場合、普通の人ならやばい!と思って速攻売りに転じますよね、損するのはしょうがないとしてその損害額をなるべく早く売ってしまうことで少なくしようと思うわけですよ。

でもね、優秀なファンドマネージャーという人種は逆の行動をとるんですね。そうです、株価が下がったところでその株を買ってファンドに組み込もうと考えるんです。

だからですね、その投資信託に投資している人たちが普通の人か若しくは勇気のある人たちかで展開はガラリと変わってしまうんですね。
スポンサードリンク

タグ:ファンドマネージャー 株価 ファンド リスク 投資信託

投信選びツール

さてさて、世の中不況の嵐が吹きまくっていますがいったいいつになったら収まるんでしょうか?でもこんなときだからといって資産運用をしないということでは、将来的な人生設計は暗雲の中ということにもなりかねません。

ではいったい投資信託で資産を運用しているという場合にファンドを購入する人の選択基準はどのようなものでしょうか。

投資信託を取り扱っている会社の営業マンに勧められたから買ってしまったとか、友人知人がその投資信託を買って儲かったからなど、理由は個人差があるのではないかと思います。

しかし、そういった曖昧な購入基準ではなかなか難しいのではないかと思われます。

そこで「投信発掘ツール」というものを利用してみるのはいかがでしょうか。これはNIKKEI NETで利用できるツールで、無数に存在する投信の中で条件を入力することにより、自分の目的に適ったファンドを選び出すことができます。

実績分配金利回りで分配金が高いファンドを選ぶとか、リターンのいいファンドの場合は累積リターンという指標を利用してスクリーニングするといった具合です。過去にこれだけのリターンがあったという実績だけで選んでしまうと、その後に値下がりしてしまうといったケースはよく見られますから、こういったツールで絞り込んで検索する方が確立はよいのではないでしょうか。

それとシャープレシオという指標がありますが、これはモーニングスター社という投信評価機関なんですが、1リスクあたりのリターンを表す指標なので参考にしてみるといいのではないでしょうか。


スポンサードリンク

タグ:投資信託 投信 NIKKEI NET ファンド リターン スクリーニング シャープレシオ

空売りに規制?

空売りが今世間で取りざたされていますが、株の空売りを行うには、信用取引口座が必要です。

株の空売りとは、証券会社から株を借りて売却し、その株が値下がりした時点で買い戻す事で利益を得る投資方法の事です。

例を挙げますと、現在10万円の会社の株を借りて、その場で売却すれば10万円が手に入ります。あっさりと言っていますが理解できると思います。

その後、その会社の株が9万円に値下がりしたとします、その時点で買い戻しますと、9万円の支払いで済みます。

そして借りていた株を返却すると差し引き1万円の利益が手に入りますね。

結論として、空売りで儲ける為には、通常とは逆に「将来値下がりしそうな株」を狙えばいいということです。

空売りを上手に活用することができれば、株価が上昇局面の時だけでなく、値下がり局面の時でも利益を得られるわけです。

空売りが行われだした当初は、誰も知らない儲ける裏技でしたが、現在では個人投資家にまで浸透しているようです。

そんな空売りに規制がかかりそうな雰囲気になってきました。

中川昭一財務相兼金融担当相は8日、東京証券取引所内で記者団に対し、政府が市場安定化策として打ち出している空売り規制について、規制を厳格化する目的ではなく証券会社が迅速に仕事ができる観点から取り組みたい、との意向を示した。

中川財務・金融相は8日午前、東証を訪問し、市場関係者と意見交換した。東証の斉藤惇社長のほか、大阪証券取引所(8697.OJ: 株価, 企業情報, レポート)の米田道生社長、日本証券業協会の安東俊夫会長、投資信託協会の樋口三千人会長(大和投資信託社長)らが出席した。

また、中川財務・金融相は記者団に、週末の報道各社の世論調査で、麻生太郎内閣の支持率が低下していることについて「経済や暮らしをよくするために全力をあげろということだと思って重く受け止めている」と述べた。

【※引用ロイター】


スポンサードリンク

タグ: 空売り 財務相兼金融担当相 東証 中川昭一 値下がり 信用取引口座

中国が試験的に不動産投資信託

投資信託という金融商品も、今回のアメリカのサブプライムローンの破綻を機を発端に始まった、世界的な金融危機の煽りを受けています。

投資家は含み損を抱えたまま景気がよくなることを祈りつつ静観している人も多いのではないでしょうか。

投資信託の中でも「不動産投資信託」というジャンルに注目してみると、日本を始めとして、欧米先進国では当たり前のように取引されていますが、日本の近隣諸国の一つである中国では未だに採用されておらず取引がないというのが現状でした。

しかし、オリンピック開催後の中国は不況の風が吹き荒れ始めていて、倒産、失業といった現象が頻繁に起こっているとの事です。

中国政府はこの事態を重く見ており、近い将来中国政府が不動産投資信託(REIT)を試験的に導入するかもしれないと報じています。

アメリカが自動車業界を支援するように、中国も国内の不動産業界に対して支援措置を講じなければならないほど事態は深刻化しているのかもしれません。

投資家から見れば、今回の中国政府の動きは歓迎すべきものであると思います。

※不動産投資信託はアメリカで1960年に誕生し、Real Estate Investment Trustと言います。その頭文字をとってREIT(リート)と言われています。Real Estateとは不動産という意味です。投資家から集めた資金をオフィスビルなどの不動産で運用すといったことを行い、家賃収入などの賃貸収益や売却益などが配当金となって投資家に分配されるということです。要するに運用先が、これまでの株式や公社債に変わって不動産になったということです。
スポンサードリンク

タグ:不動産投資信託 REIT 中国 投資家 オフィスビル 不動産 運用 株式 公社債 アメリカ 自動車 オリンピック 不況 倒産 失業 投資信託

投資信託にかかる税金

投資信託を購入すると収益分配金が得られます。解約した場合には、分配金のほかに解約差益・償還差益や売却益が発生し、それぞれ税制上の取り扱いが異なります。また、投資信託の種類によっても税制上の取り扱いが異なります。

異常な低金利が長く続き、個人の投資ブームより投資信託を購入する人が増えていますが、投資信託の収益の確定申告はどうすればよいのか、ポイントを見ていきましょう。

投資信託に係る税金は大きく分けて2つです。譲渡・解約・償還したときの損益にかかる税金と信託収益の分配を受けたときにかかる税金です。

公社債投資信託の収益の分配金は、所得税15%(ほかに地方税5%)の税率による一律源泉分離課税となります。

公募・契約型の株式投資信託の収益の分配金は、配当所得に該当しますが、利子所得並の所得税15%(ほかに地方税5%)の税率による一律源泉分離課税の制度が採用されております。

特定株式投資信託の収益の分配金は、株式の配当と同様に、20%の税率による所得税が源泉徴収され、総合課税の対象となります。

不動産投資信託の収益の分配金は、株式の配当と同様に20%の税率による所得税が源泉徴収され、総合課税の対象となりますが、株式配当と異なって配当控除の適用はありません。

なお、不動産投資信託の収益の分配金については、少額配当の申告不要制度や源泉分離課税の適用があります。

株式投資信託の収益分配金は受取り時に税金が源泉徴収されており確定申告は不要です。株式投資信託を売却・解約した場合、あるいは株式投資信託が満期を迎え償還された場合などは、収益分配金のほかに売却・解約・満期償還による損益が発生し、税制上の扱いが異なってきます。


スポンサードリンク

タグ:投資信託 税金 収益分配金 解約差益 償還差益 売却益 確定申告

投資信託販売手数料と信託報酬

投資信託を利用した個人の資産形成で成功する秘訣は、買い増し時を大きく間違わないことです。具体的に言いますと、高値掴みすることを避け、なるべく市場が安くなっているときに買い増すように心がけることが、一重に信託報酬などの年間手数料をなるべく低く抑えられるか否かの鍵を握っていることになります。

個人の方が投資信託を利用して資産形成で勝利する場合は、たいていは、ノーロード(販売手数料が無料)で、なおかつ信託報酬を極力低く抑えられるか否かが、10年20年後に勝利の女神にほほ笑んでもらえるための成功の秘訣なのです。販売手数料は低く(手数料無料のノーロードが理想)、信託報酬は提供されるサービスに見合った水準、というのが投資家の皆様と同じ方向を向いてファンドを提供できる体系だと思います。

このように投資信託には大別すると2つの手数料があります。販売手数料と信託報酬です。(この他にも、信託財産留保金などがかかるファンドがあります。)

投資信託の販売手数料には、購入金額が大きくなれば手数料率を割り引く大口割引制のものがあります。販売手数料とは最初に投資信託を購入するときにかかる手数料です。例えば販売手数料1%のファンドを1万円購入すれば販売手数料は100円(プラス消費税)となります。ノーロードファンドですとこれがかかりません。

一方、信託報酬の方は保有期間と残高に応じて変わります。信託報酬が年間1%のファンドを平均残高1万円で1年保有すると100円ですが、半年保有なら50円です。また、信託報酬はファンドの資産から差し引かれるので投資家の方が直接支払う必要はありません。
スポンサードリンク

タグ:投資信託 資産 信託報酬 手数料 ノーロード 無料 ファンド

投資信託 運用期間と中途解約手続

投資信託の分類方法に運用期間で分類するというわけ方もあります。運用期間に期限を設けているファンドというのは、定められた運用期限が訪れれば運用を終了します。そして投資家に分配を行います。しかし、この運用期限は必ずしも絶対というわけではなく運用成績で運用期限の延長もしくは償還日の延長も行われることが多いものを有限ファンドと言います。

無期限ということで運用期間が定められていないファンドがありますが、約款で定められている最低総資産以下にならなければ、ほぼ永久的に運用を行うものを無期限ファンドと言います。

投資信託の中途解約手続での問題として、売却益に対して税金がかかることがあります。投資信託を換金するときには個別元本を超えた金額(これを解約差益といいます)に対して税金がかかります。ただ、換金する際、「解約請求」と「買取請求」を選べる場合があります。

「解約請求」と「買取請求」では税金の種類が違い、状況によっては金額も変わるので注意が必要と思います。「解約請求」は、投資信託を「換金する」場合の一般的な方法です。

解約請求は、投資家が投資している投資信託の持分を、投資信託から取り崩してお金に換えます。一方、「買取請求」は、投資家の投資している投資信託を販売会社に売却するという換金方法です。以前は、「解約請求」が多かったのですが、最近では税制上の優遇から「買取請求」を選ぶ人も増えているようです。

ただし、投資信託や販売会社によっては「解約請求」しか受け付けないケースもありますので、投資信託を購入する前に換金方法について確認しておくとよいと思います。
スポンサードリンク

タグ:運用期間 中途解約手続 税金 売却益 ファンド 無期限ファンド 解約請求 解約差益 有限ファンド 買取請求 投資信託

投信は運用タイプの分散でリスクヘッジ

投資信託の運用対象は、日本だけでなく世界に広がります。投資する金融商品も株・債券・為替・その他の金融商品があります。投資地域・投資対象の金融商品の割合を割合を変えることでリスクとリターンが異なるさまざまなタイプのファンドを作ることができます。

ファンドの性格は運用方針、運用対象によりある程度決まっています。各ファンドごとにファンドの状況は公表されています。投資家は多くのファンドのからリスクとリターンに応じて、ファンドを選ぶことができます。

リスクヘッジとは、リスクを回避したり低減する工夫をすることです。単に「ヘッジする」という言い方もします。例えば、株をたくさん保有している状況で、株式市場全体の下落がしばらく続きそうだと考えた時に、日経平均先物を売ったり、日経平均のプットオプションを買ったりすると、保有株が本当に下落した場合に損失をある程度相殺することができます。

また、割高と思う株を買い、割安と思う株を売って、買い建て金額と売り立て金額を同程度にするマーケットニュートラル戦略も、リスクヘッジ型の投資法の1つと言えます。

投資信託の運用タイプの分散によるメリットを考えてみましょう。投資信託運用のタイプ分散によるメリットとして、まず「分散投資」のメリットそのものがあります。

例えば、1銘柄にだけ株式を購入すると、その株式の価格変動により収益が決まります。2銘柄、3銘柄と分散投資するとリスクを軽減することができます。これは株だけでなく、債券、投資信託でも同じく分散投資によるリスクヘッジのメリットが生じます。ただ、一般に個人投資家が分散投資をしようとしても、資金面で限界があります。このときに、投資信託では、多くの投資家から集めた資金で運用されるので、幅広い分散投資が可能になります。
スポンサードリンク

タグ:投資信託 投資 金融商品 債券 為替 リスク リターン ファンド 運用方針 運用対象 日経平均先物 株式市場 日経平均 保有株 割高 割安 分散投資
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。