投資信託の分配金について

投資信託分配金とはどういったものなのかを解説したいと思います。投資信託の分配金というのは決算をする時期にその一年間の収益や一部の信託財産の中から、投資家に配られるお金の事です。これが投資信託分配金と呼ばれるものです。



投資信託の場合には投資信託分配金として配られることになります。投資信託分配金は、分配原資の中で支払われることになります。投資信託分配金は、毎期ごとに支払われるのが一般的です。株式投資をやっている人なら配当金や債券と呼ばれるものが配られると思います。



決算の基準の価格は、投資信託分配金の分だけ金額が下がるといわれています。投資信託分配金を受け取るときには、二つの方法で投資信託分配金を受け取ることができます。



一つ目は、投資信託分配金で支払われたものをそのまま同じ投資信託に投資するという分配金再投資型と呼ばれる投資信託と、投資信託分配金の支払われたものをそのまま受け取るという分配金受け取り型と呼ばれる投資信託の二つに分けられています。



このように投資信託分配金が出る投資信託は、二つのタイプに分けられていて、販売している会社では、御自分でどちらかを選択できます。もしも投資信託分配金再投資コースに下人は、投資信託分配金から税金等を引いた額を決算日に再投資されるというスタイルです。



このときには販売手数料は必要ないようです。投資信託分配金はそのまま受け取るのか、また投資にまわすのか選んで継続して投資を行うことができるというわけです。




スポンサードリンク

タグ:投資信託 分配金 収益 信託財産 投資信託分配金 分配原資 株式投資 配当金 債券
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。