投資信託の目的と期間

投資信託の上級者で、積極的に投資信託を活用したと思っている人は、株式型の投資信託を選んでもいいかもしれません。投資信託の選び方では、まず自分がどんな投資をしたいのか目的をしっかり立てて選ぶといいでしょう。

投資信託の目的がしっかりしていればその目的に合わせた内容のファンドを選べばいいのです。どのような投資をしたいのでしょうか。あまり危険性のない、安全な安定している投資信託を目的としたいのなら、公社債型の投資信託がいいと思います。初心者の投資信託はこの型が安心かもしれませんね。

もう一つ投資信託を選ぶ場合には期間によって選ぶという方法もあります。追加型と呼ばれる投資信託の期間は10年以上、または無制限の長期的な物です。そして単位型と呼ばれるものは、大体単位が決められていて5年から7年くらいの期間で投資信託を行います。投資信託を選ぶときには、自分がどれくらいの期間投資をしようと考えているのかということも投資信託の選び方のポイントの一つになるのではないでしょうか。

投資信託の選び方のポイントとしては、投資の目的や期間によって投資信託を選ぶという方法があります。投資の目的はなんでしょうか。自分はどんな投資スタイルで投資をしたいのか、最初に目的をしっかりと決めたほうがいいと思います。

このように投資信託の選び方には、目的をしっかりとさせて自分の投資のスタイルを決めることと、投資をする期間をある程度、最初に決めておくということも重要ではないでしょうか。
スポンサードリンク

タグ:投資信託 株式型 ファンド 投資 安全 公社債型 初心者 期間 追加型 長期的 単位型
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。