リスクとリターンを考える



投資信託のリスクとリターンとはどのようなものでしょうか。

リターンというのは、ファンドが一定期間にどれくらい値上がりするのかということを収益率に換算したものです。値上がり以外にも値下がりにも対応しています。一般的には、基準価額の値上がり分に投資信託分配金の受け取れる分を足したものが年率で表示されています。

投資信託を選ぶときにはリスクとリターン率おバランスと入ったもののリスクとリターンがわからなければ意味がありません。

投資信託を選ぶときには、最悪のリスクを自分がどの程度負担することが出来て、リスクにあったリターン率のバランスを考えて選ぶということが一番大切だと思います。リスクとリターンは常に比例しているということを忘れずに投資信託を選びましょう。

そして投資信託のリスクというのは危険性ですが、損失の事という意味として理解されてもいいと思います。投資信託ではリターンが大きいと見込まれているということは実はリスクも高いということになっています。そしてリターンが小さいということは、リスクも低めとかんが得られています。

投資信託を選ぶときには、リスクやリターン率のバランスを考えたほうがいいといわれています。まず、投資信託の商品というのもそのもの自体がリスクのある商品だといわれています。よく耳にするのが投資信託は、ハイリスクでハイリターンだということを耳にします。ローリスクでローリターンというファンドも中にはあるかもしれません。
スポンサードリンク

タグ:収益率 ファンド ハイリターン リターン リスク 投資信託 ローリターン ハイリスク ローリスク 分配金 基準価額
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。