投資信託は運用実績で選ぶ

投資信託を選ぶときには騰落率ベンチマークを見るということによって運用実績がよくわかりますから、それを元に投資信託を選ぶというのは賢い投資信託の選び方だと思います。

騰落率という専門用語みたいな言葉がありますが、どういったものなのでしょうか。投資信託を行っている人ならわかるかもしれませんが、投資信託の初心者の場合には騰落率という言葉からわからないかもしれませんね。

追加型の株式投資信託では運用の成果を数字で見る場合には騰落率という指標を使って表示するということなんです。追加型株式投資信託では決められた期間の、基準の価額の動きというのはパーセンテージで現します。これが騰落率なのです。

例えば、基準価額が10800円だったとして、半年たって基準価額が10500円になったとします。ということは、この場合の投資信託の騰落率というのは半年で−2.78パーセントになったとうことになります。

もう一つ例をあげますと、基準価額が10500円だったとします。そして半年後には11000円になっていたとします。この場合の投資信託の騰落率はどうなるのかというと、半年で+4.76パーセントということになりますね。これが一定の期間での基準価額の動きをわかりやすくパーセンテージしているものです。

主だった複数の会社の追加型株式投資信託の騰落率を比べてみるということは投資信託を選ぶときにはとても参考になると思いますし、ベンチマークの騰落率と比べてみると成果がよくわかると思います。

投資信託の選び方の騰落率やベンチマークなど運用実績について紹介しました。
スポンサードリンク

タグ:投資信託 騰落率 ベンチマーク 追加型 基準価額 株式
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。