投信は運用タイプの分散でリスクヘッジ

投資信託の運用対象は、日本だけでなく世界に広がります。投資する金融商品も株・債券・為替・その他の金融商品があります。投資地域・投資対象の金融商品の割合を割合を変えることでリスクとリターンが異なるさまざまなタイプのファンドを作ることができます。

ファンドの性格は運用方針、運用対象によりある程度決まっています。各ファンドごとにファンドの状況は公表されています。投資家は多くのファンドのからリスクとリターンに応じて、ファンドを選ぶことができます。

リスクヘッジとは、リスクを回避したり低減する工夫をすることです。単に「ヘッジする」という言い方もします。例えば、株をたくさん保有している状況で、株式市場全体の下落がしばらく続きそうだと考えた時に、日経平均先物を売ったり、日経平均のプットオプションを買ったりすると、保有株が本当に下落した場合に損失をある程度相殺することができます。

また、割高と思う株を買い、割安と思う株を売って、買い建て金額と売り立て金額を同程度にするマーケットニュートラル戦略も、リスクヘッジ型の投資法の1つと言えます。

投資信託の運用タイプの分散によるメリットを考えてみましょう。投資信託運用のタイプ分散によるメリットとして、まず「分散投資」のメリットそのものがあります。

例えば、1銘柄にだけ株式を購入すると、その株式の価格変動により収益が決まります。2銘柄、3銘柄と分散投資するとリスクを軽減することができます。これは株だけでなく、債券、投資信託でも同じく分散投資によるリスクヘッジのメリットが生じます。ただ、一般に個人投資家が分散投資をしようとしても、資金面で限界があります。このときに、投資信託では、多くの投資家から集めた資金で運用されるので、幅広い分散投資が可能になります。
スポンサードリンク

タグ:投資信託 投資 金融商品 債券 為替 リスク リターン ファンド 運用方針 運用対象 日経平均先物 株式市場 日経平均 保有株 割高 割安 分散投資
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。