アジア株投資信託

アジア広域を対象としたアジア株投資信託では野村アセットの「アジア好配当株投信」が1ヶ月たらずで残高が3千億円を越えたそうです。そんな中でも特に注目を集めているのがここ数年の経済成長率が8%前後と中国に次ぐ勢いのベトナム株ファンドでしょうか。

株価に連動する有価証券を活用する場合がありますが、保有実質外貨建資産について、為替変動リスクを回避するための為替ヘッジは行なわないということです。またこのアジア株投資信託のリスクは、株式へ投資するリスク、価格変動リスク、信用リスク、外貨建資産への投資リスク、為替リスク、カントリー・リスクなどや、その他解約申込みに伴なうリスク、短期金融資産の信用リスク、証券の組入れに時間を要するリスクなどが考えられますので、十分考慮して判断しましょう。

WTO加盟という追い風もあって今年に入ってから新ファンドが相次ぎ設定されています。ダイワ・アジア新興国株ファンドはマザーファンドの受益証券への投資を通じて、主として、中国(香港を含みます)・インド・東南アジア・エマージング諸国に投資し、信託財産の成長をめざすアジア株投資信託です。

アジア株投資信託では、ベトナムをはじめアジア各国の株の投資信託が人気があるとよく言われています。アジアの新興国の経済がこれから伸びそうだということに注目し、今のうちに株投資をしておきたい思惑がありながら、投資する国や具体的な銘柄選びをする判断材料となる情報もないし難しいと思っているような人たちが、おそらくアジア新興国の株を対象とするアジア株投資信託に注目しているのだろうと想像されます。
スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。