中国株投資信託

中国株が驚異的な伸びを見せた2001〜3年と比べて、現状はそこまでの伸びはありませんが、世界経済で重要な地位を確立しているのは中国といっても過言ではありません。

2008年の8月には北京オリンピックが開催されたのはまだ記憶に新しいところです。さらに、2010年の上海万博を控え、今後も中長期的な成長が期待されています。13億人の巨大な人口を有しながらも高い経済成長を持続する中国は、アジア経済のみならず、世界経済を牽引する存在になりつつあります。

そんな中国経済の成長に対して、あなたの資産形成に活用できるのが中国株投資信託です。中国株に投資したいと思っている方は多いと思いますが、魅力を感じながらも実際にはなかなか購入に踏み切れないという方も少なくないと思われます。

中国株が魅力的とは言っても、日本の株式市場でさえ、確立した投資法で利益を確定しているわけではないのに、外国の投資をするのは怖いと思うのは自然なことでしょう。そのような不安を減じてくれるのが投資信託の魅力でしょう。

専門集団が最適な投資を検討しますが、やはり、中国のこと、中国株のことを少しは知っておかないと、どの投資信託の商品を選べばよいのかも判断がつきかねません。最低限、中国市場・中国株について勉強する必要があります。

中国企業の財務情報の信頼性、高成長に伴う環境破壊や貧富の差の拡大などの歪み、民主化が遅れ汚職を生みやすい風土など、現在の日本の株式投資ではなかなかくみされにくい各種リスクにも目を配る必要があります。また、
最近の中国経済は加熱しており、バブル的な様相を帯びているという指摘が多くなっているという事実もあるようです。
スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。