投資信託の宿命

なんかいい金儲け話でもないかな〜なんて言ってると、「あるわけね〜だろ、バ〜カ」と言われました。なるほどよく考えないでもあるわけないと妙に納得する自分です。

投資信託とか株式取引を辛抱強くやってみるか!昔からそう思っていはいるんですけどなかなか辛抱強くやるということができないですね。

さて今回は投資信託のことについて考えてみたいと思うので少しの間お付き合いをお願いしますね。

始めて投資をするという場合には投資信託はいいのではないかと思うんですよ。なぜかと言うと、小額からできることと、リスクの分散を考えた投資であるということなんですよ。まぁほとんどのファンドは元本保証はしていないんですけどね、リスクはないとは言えないでしょうね。

でもね、その投資信託がどんなものに投資していくのかはよく吟味して考えた方がいいと思いますよ。自分が半信半疑だったら損失が出たときに納得できないんじゃないでしょうか?

それだったら自分の投資スタイルにあっている投資信託を選ぶべきだと思ったりもするんですよ。

それとね、優秀なファンドマネージャーってよく聞く言葉だと思うんですけどね、いくら優秀だからといっても不可抗力ってものがあるってことを忘れちゃならないですよね。

例えばの話ですが、株価が暴落もしくはそれに近いような状態に陥った場合、普通の人ならやばい!と思って速攻売りに転じますよね、損するのはしょうがないとしてその損害額をなるべく早く売ってしまうことで少なくしようと思うわけですよ。

でもね、優秀なファンドマネージャーという人種は逆の行動をとるんですね。そうです、株価が下がったところでその株を買ってファンドに組み込もうと考えるんです。

だからですね、その投資信託に投資している人たちが普通の人か若しくは勇気のある人たちかで展開はガラリと変わってしまうんですね。
スポンサードリンク

タグ:ファンドマネージャー 株価 ファンド リスク 投資信託

空売りに規制?

空売りが今世間で取りざたされていますが、株の空売りを行うには、信用取引口座が必要です。

株の空売りとは、証券会社から株を借りて売却し、その株が値下がりした時点で買い戻す事で利益を得る投資方法の事です。

例を挙げますと、現在10万円の会社の株を借りて、その場で売却すれば10万円が手に入ります。あっさりと言っていますが理解できると思います。

その後、その会社の株が9万円に値下がりしたとします、その時点で買い戻しますと、9万円の支払いで済みます。

そして借りていた株を返却すると差し引き1万円の利益が手に入りますね。

結論として、空売りで儲ける為には、通常とは逆に「将来値下がりしそうな株」を狙えばいいということです。

空売りを上手に活用することができれば、株価が上昇局面の時だけでなく、値下がり局面の時でも利益を得られるわけです。

空売りが行われだした当初は、誰も知らない儲ける裏技でしたが、現在では個人投資家にまで浸透しているようです。

そんな空売りに規制がかかりそうな雰囲気になってきました。

中川昭一財務相兼金融担当相は8日、東京証券取引所内で記者団に対し、政府が市場安定化策として打ち出している空売り規制について、規制を厳格化する目的ではなく証券会社が迅速に仕事ができる観点から取り組みたい、との意向を示した。

中川財務・金融相は8日午前、東証を訪問し、市場関係者と意見交換した。東証の斉藤惇社長のほか、大阪証券取引所(8697.OJ: 株価, 企業情報, レポート)の米田道生社長、日本証券業協会の安東俊夫会長、投資信託協会の樋口三千人会長(大和投資信託社長)らが出席した。

また、中川財務・金融相は記者団に、週末の報道各社の世論調査で、麻生太郎内閣の支持率が低下していることについて「経済や暮らしをよくするために全力をあげろということだと思って重く受け止めている」と述べた。

【※引用ロイター】


スポンサードリンク

タグ: 空売り 財務相兼金融担当相 東証 中川昭一 値下がり 信用取引口座

中国が試験的に不動産投資信託

投資信託という金融商品も、今回のアメリカのサブプライムローンの破綻を機を発端に始まった、世界的な金融危機の煽りを受けています。

投資家は含み損を抱えたまま景気がよくなることを祈りつつ静観している人も多いのではないでしょうか。

投資信託の中でも「不動産投資信託」というジャンルに注目してみると、日本を始めとして、欧米先進国では当たり前のように取引されていますが、日本の近隣諸国の一つである中国では未だに採用されておらず取引がないというのが現状でした。

しかし、オリンピック開催後の中国は不況の風が吹き荒れ始めていて、倒産、失業といった現象が頻繁に起こっているとの事です。

中国政府はこの事態を重く見ており、近い将来中国政府が不動産投資信託(REIT)を試験的に導入するかもしれないと報じています。

アメリカが自動車業界を支援するように、中国も国内の不動産業界に対して支援措置を講じなければならないほど事態は深刻化しているのかもしれません。

投資家から見れば、今回の中国政府の動きは歓迎すべきものであると思います。

※不動産投資信託はアメリカで1960年に誕生し、Real Estate Investment Trustと言います。その頭文字をとってREIT(リート)と言われています。Real Estateとは不動産という意味です。投資家から集めた資金をオフィスビルなどの不動産で運用すといったことを行い、家賃収入などの賃貸収益や売却益などが配当金となって投資家に分配されるということです。要するに運用先が、これまでの株式や公社債に変わって不動産になったということです。
スポンサードリンク

タグ:不動産投資信託 REIT 中国 投資家 オフィスビル 不動産 運用 株式 公社債 アメリカ 自動車 オリンピック 不況 倒産 失業 投資信託

リスクとリターンを考える



投資信託のリスクとリターンとはどのようなものでしょうか。

リターンというのは、ファンドが一定期間にどれくらい値上がりするのかということを収益率に換算したものです。値上がり以外にも値下がりにも対応しています。一般的には、基準価額の値上がり分に投資信託分配金の受け取れる分を足したものが年率で表示されています。

投資信託を選ぶときにはリスクとリターン率おバランスと入ったもののリスクとリターンがわからなければ意味がありません。

投資信託を選ぶときには、最悪のリスクを自分がどの程度負担することが出来て、リスクにあったリターン率のバランスを考えて選ぶということが一番大切だと思います。リスクとリターンは常に比例しているということを忘れずに投資信託を選びましょう。

そして投資信託のリスクというのは危険性ですが、損失の事という意味として理解されてもいいと思います。投資信託ではリターンが大きいと見込まれているということは実はリスクも高いということになっています。そしてリターンが小さいということは、リスクも低めとかんが得られています。

投資信託を選ぶときには、リスクやリターン率のバランスを考えたほうがいいといわれています。まず、投資信託の商品というのもそのもの自体がリスクのある商品だといわれています。よく耳にするのが投資信託は、ハイリスクでハイリターンだということを耳にします。ローリスクでローリターンというファンドも中にはあるかもしれません。
スポンサードリンク

タグ:収益率 ファンド ハイリターン リターン リスク 投資信託 ローリターン ハイリスク ローリスク 分配金 基準価額

投資信託を始めるにあたって

投資信託を始める場合には、まずは口座を開設しましょう。そして口座を開いてからは、投資信託の商品を選びます。投資信託の違いを色々と比較して商品を選びましょう。投資信託によっては購入可能な時期と解約可能な時期が違っています。投資信託はいつでも購入したり売ったりすることが出来るところもありますが、制限されているとこともありますから確認しておきましょう。

投資信託の買い方ですが、投資信託を始めるには口座を開設しなければならないことはご存知だと思います。投資信託を販売しているのは証券会社などですが、その証券会社に口座を作ります。証券会社で口座を作った場合には、普通の証券取引と同じ口座で投資信託以外の業務を行うことも出来ます。またネットだけで行っている証券会社の場合には、口座を管理する手数料は必要がないのですが大手の証券会社の場合には口座を維持するのに管理費が必要になるところがあります。

投資信託の商品を選ぶことが出来たら、次は投資のスタイルを考えます。投資信託にはタイプがそれぞれ違っています。投資信託は積み立て投資信託と一括投資信託というタイプの投資信託があります。積み立て投資信託の場合には毎月少しずつ投資するというもので、一括の投資信託のタイプは、一括であらかじめ投資しておくというタイプです。

そして投資信託を始める準備が出来ました。ここからが投資信託の買い方です。投資信託を買うときには、1口1円で1万口から買い始めることができます。投資信託は基準価額があるので、1万円から投資を始めるということになります。ですから投資信託の買い方ではまずは1万円分買うというのが初めの投資信託の買い方です。

投資信託をこれからはじめようと思っている人は、投資信託の始め方や買い方をある程度知識を入れてから行うことで投資信託をスムーズに始めたり買ったりすることができるのではないでしょうか。
スポンサードリンク

タグ:投資信託 一括投資信託 積み立て投資信託 口座 開設 商品 証券会社 証券取引 手数料 維持 管理 管理費 ネット 騰落率

投資信託の分配金について

投資信託分配金とはどういったものなのかを解説したいと思います。投資信託の分配金というのは決算をする時期にその一年間の収益や一部の信託財産の中から、投資家に配られるお金の事です。これが投資信託分配金と呼ばれるものです。



投資信託の場合には投資信託分配金として配られることになります。投資信託分配金は、分配原資の中で支払われることになります。投資信託分配金は、毎期ごとに支払われるのが一般的です。株式投資をやっている人なら配当金や債券と呼ばれるものが配られると思います。



決算の基準の価格は、投資信託分配金の分だけ金額が下がるといわれています。投資信託分配金を受け取るときには、二つの方法で投資信託分配金を受け取ることができます。



一つ目は、投資信託分配金で支払われたものをそのまま同じ投資信託に投資するという分配金再投資型と呼ばれる投資信託と、投資信託分配金の支払われたものをそのまま受け取るという分配金受け取り型と呼ばれる投資信託の二つに分けられています。



このように投資信託分配金が出る投資信託は、二つのタイプに分けられていて、販売している会社では、御自分でどちらかを選択できます。もしも投資信託分配金再投資コースに下人は、投資信託分配金から税金等を引いた額を決算日に再投資されるというスタイルです。



このときには販売手数料は必要ないようです。投資信託分配金はそのまま受け取るのか、また投資にまわすのか選んで継続して投資を行うことができるというわけです。




スポンサードリンク

タグ:投資信託 分配金 収益 信託財産 投資信託分配金 分配原資 株式投資 配当金 債券

投資信託ってどんな仕組み

投資信託をはじめてみようと考えている方の中には、投資信託っていったいどのような金融商品なのか良くわからないという疑問を抱いている人も多いかと思います。

こちらのサイトではそのような、投資信託の初心者の方にわかりやすく説明させていただいています。

これを読んで参考にしていただき、金融投資の第一歩を踏み出してください。

投資信託の仕組みは、投資家から集められた資金をもとに販売会社・運用会社・管理会社の3者が役割を分担し、効率的に運用されている仕組みを投資信託といいます。

投資信託の募集・購入や換金、および分配金・償還金の支払いなどは、証券会社で行う仕組みとなり、証券会社では投資信託に関するさまざまな質問や相談も受付けています、個人投資家と投資信託をつなぐ窓口となっています。

運用会社が直接投資家に投資信託を販売することもあります。

また、銀行、信用金庫、信用組合、保険会社などでも投資信託を購入できる仕組みに法改正がなりました。

次に、運用会社である投資信託会社などで、その資金をもとにファンドを組成し、管理会社へ運用の指図を行う仕組みです。

管理会社である信託銀行などで投資信託は、運用会社の指図をもとに受託した資金を株式や債券などに投資し、資金の管理を行います。

このように運用によって得られた収益は、販売会社などを通して分配金や基準価額へ上乗せされた形で、最終的に投資家へ還元される仕組みとなっています。

長引く超低金利と将来受取る年金や退職金に対する不安がある時代でもお金を「貯める」だけでなく、「殖やす」ことも大切なことと思います。

今まで「殖やす」ことに興味がなかった方も確定利付きの預貯金に加え、将来に向けて中長期的な運用に適している投資信託の仕組みを利用して、バランスのとれた資産作りを考えてみるのもよいのではと思います。


スポンサードリンク

タグ:投資 信託 基準 価額 投資 信託 比較 投資 信託 ランキング 投資 信託 基準 価格 大和 証券 投資 信託 野村 證券 投資 信託 投資 信託 協会 投資 信託 ガイド 郵便 局 投資 信託 不動産 投資 信託 投資 信託 情報 投資 信託 おすすめ 投資 信託 税金 投資 信託 選び方 投資信託 仕組 投資 信託
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。