投信は運用タイプの分散でリスクヘッジ

投資信託の運用対象は、日本だけでなく世界に広がります。投資する金融商品も株・債券・為替・その他の金融商品があります。投資地域・投資対象の金融商品の割合を割合を変えることでリスクとリターンが異なるさまざまなタイプのファンドを作ることができます。

ファンドの性格は運用方針、運用対象によりある程度決まっています。各ファンドごとにファンドの状況は公表されています。投資家は多くのファンドのからリスクとリターンに応じて、ファンドを選ぶことができます。

リスクヘッジとは、リスクを回避したり低減する工夫をすることです。単に「ヘッジする」という言い方もします。例えば、株をたくさん保有している状況で、株式市場全体の下落がしばらく続きそうだと考えた時に、日経平均先物を売ったり、日経平均のプットオプションを買ったりすると、保有株が本当に下落した場合に損失をある程度相殺することができます。

また、割高と思う株を買い、割安と思う株を売って、買い建て金額と売り立て金額を同程度にするマーケットニュートラル戦略も、リスクヘッジ型の投資法の1つと言えます。

投資信託の運用タイプの分散によるメリットを考えてみましょう。投資信託運用のタイプ分散によるメリットとして、まず「分散投資」のメリットそのものがあります。

例えば、1銘柄にだけ株式を購入すると、その株式の価格変動により収益が決まります。2銘柄、3銘柄と分散投資するとリスクを軽減することができます。これは株だけでなく、債券、投資信託でも同じく分散投資によるリスクヘッジのメリットが生じます。ただ、一般に個人投資家が分散投資をしようとしても、資金面で限界があります。このときに、投資信託では、多くの投資家から集めた資金で運用されるので、幅広い分散投資が可能になります。
スポンサードリンク

タグ:投資信託 投資 金融商品 債券 為替 リスク リターン ファンド 運用方針 運用対象 日経平均先物 株式市場 日経平均 保有株 割高 割安 分散投資

中国株投資信託

中国株が驚異的な伸びを見せた2001〜3年と比べて、現状はそこまでの伸びはありませんが、世界経済で重要な地位を確立しているのは中国といっても過言ではありません。

2008年の8月には北京オリンピックが開催されたのはまだ記憶に新しいところです。さらに、2010年の上海万博を控え、今後も中長期的な成長が期待されています。13億人の巨大な人口を有しながらも高い経済成長を持続する中国は、アジア経済のみならず、世界経済を牽引する存在になりつつあります。

そんな中国経済の成長に対して、あなたの資産形成に活用できるのが中国株投資信託です。中国株に投資したいと思っている方は多いと思いますが、魅力を感じながらも実際にはなかなか購入に踏み切れないという方も少なくないと思われます。

中国株が魅力的とは言っても、日本の株式市場でさえ、確立した投資法で利益を確定しているわけではないのに、外国の投資をするのは怖いと思うのは自然なことでしょう。そのような不安を減じてくれるのが投資信託の魅力でしょう。

専門集団が最適な投資を検討しますが、やはり、中国のこと、中国株のことを少しは知っておかないと、どの投資信託の商品を選べばよいのかも判断がつきかねません。最低限、中国市場・中国株について勉強する必要があります。

中国企業の財務情報の信頼性、高成長に伴う環境破壊や貧富の差の拡大などの歪み、民主化が遅れ汚職を生みやすい風土など、現在の日本の株式投資ではなかなかくみされにくい各種リスクにも目を配る必要があります。また、
最近の中国経済は加熱しており、バブル的な様相を帯びているという指摘が多くなっているという事実もあるようです。
スポンサードリンク

アジア株投資信託

アジア広域を対象としたアジア株投資信託では野村アセットの「アジア好配当株投信」が1ヶ月たらずで残高が3千億円を越えたそうです。そんな中でも特に注目を集めているのがここ数年の経済成長率が8%前後と中国に次ぐ勢いのベトナム株ファンドでしょうか。

株価に連動する有価証券を活用する場合がありますが、保有実質外貨建資産について、為替変動リスクを回避するための為替ヘッジは行なわないということです。またこのアジア株投資信託のリスクは、株式へ投資するリスク、価格変動リスク、信用リスク、外貨建資産への投資リスク、為替リスク、カントリー・リスクなどや、その他解約申込みに伴なうリスク、短期金融資産の信用リスク、証券の組入れに時間を要するリスクなどが考えられますので、十分考慮して判断しましょう。

WTO加盟という追い風もあって今年に入ってから新ファンドが相次ぎ設定されています。ダイワ・アジア新興国株ファンドはマザーファンドの受益証券への投資を通じて、主として、中国(香港を含みます)・インド・東南アジア・エマージング諸国に投資し、信託財産の成長をめざすアジア株投資信託です。

アジア株投資信託では、ベトナムをはじめアジア各国の株の投資信託が人気があるとよく言われています。アジアの新興国の経済がこれから伸びそうだということに注目し、今のうちに株投資をしておきたい思惑がありながら、投資する国や具体的な銘柄選びをする判断材料となる情報もないし難しいと思っているような人たちが、おそらくアジア新興国の株を対象とするアジア株投資信託に注目しているのだろうと想像されます。
スポンサードリンク

インド株投資信託

インド株投資信託は、インド株の速報や動向を知るには投資戦略をきちんと立てていることでインド株の株価の変動にも対応できます。戦略なしに投資をおこなうことは危険なことです。証券会社でもインド株だけでなく、いろんな投資方法などのセミナーを無料で開催しているところもありますし、調査方法、ネットでの情報の集め方など学ぶことができます。

インドの経済は知的集約型産業と呼ばれているものです。インドと言えば、今ではIT大国として知られています。インドのコンピュータの技術は非常に目を見張る物があり、今では医療分野の発展などが知的集約型の産業と言われるゆえんです。

インド株投資信託が人気を集めている理由としては、

1.人口が多い(10億人。)

2.若年労働力が多い。(今後も人口増加が期待できる。)

3.ITが発達している。(アメリカからのアウトソーシングによってITはかなり発達している。)

4.G7へオブザーバーとして参加している。(世界経済の中心へ近づいている。)

5.中東に近く、原油の調達が簡単にできる。

6.インフラの未発達。(IT産業で得た収入で経済が発達する可能性あり。)など上げられています。インド株投資信託については、リスクを減らすために時期を分散して購入するのが良いと思われます。

日本国内でインド株式投資信託が設立されたのは2004年のことです。今では10本程度のインド株式投資信託があるようですが、商品数はまだまだこれから増えていくと思われます。
スポンサードリンク

新興国市場株投資信託

新興国というのはまだ成長しきっていないだけに、経済のバランスが少し崩れただけで、一気に崩れていく可能性も否定できません。また国の方針が変更されたときなども大きな影響を受けて、経済は崩れていきます。新興国市場株投資信託に限らず投資信託では、リスクとリターンの兼ね合いこそ重要になります。

では新興国市場株投資信託についてみていきましょう。世界経済の将来予測の中で、新興諸国「BRICs」(ブラジル、ロシア、インド、中国の各国の頭文字をとった造語)が注目を集めつつあります。「BRICs」諸国はいずれも2050年には世界でトップクラスの経済大国になることが期待されています。

新興国市場毎月分配型投資信託、インド株や中国株で運用するファンドをはじめとして、人気の高い銘柄を取扱っています。一足先に投資対象としての評価を高めた中国株式・インド株式に投資する投資信託に加え、その評価が急速に高まってきたアジア諸国に投資する投資信託が人気を集めています。

BRICsといった国々の成長はこれからという状態、現在の状態であらかじめそういった国々の株式を保有しておけば、その新興国の成長の恩恵を一手に受けることができます。株価で表現するなら10年で3倍、4倍の世界です。

しかしながら、新興国市場株投資信託は、こんなハイリターンが見込める商品だけに、もちろんリスクも大きいです。あくまで経済が順調に流れていけば、これだけの成長は想定内ですが、そのような安定した社会が絵に描いたとおりできる保証はありません。

新興国というのはまだ成長しきっていないだけに、経済のバランスが少し崩れただけで、一気に崩れていく可能性も否定できません。また国の方針が変更されたときなども大きな影響を受けて、経済は崩れていきます。新興国市場株投資信託に限らず投資信託では、リスクとリターンの兼ね合いこそ重要になります。

リスクヘッジの観点から世界への分散投資を検討することも考慮しなければなりません。
スポンサードリンク

海外ETF(指数連動型上場投資信託)

海外ETFのメリットとして上げられるのは、大和証券では一部の銘柄については国内店頭取引も設定しています。売買ルールも外国株式と異なる特別なルールはありません。海外ETFのメリットは株価指数への連動を目的に運用されるため値動きがわかりやすく、相場を見ながらリアルタイムで売買が可能です。一般の投資信託と比較して信託報酬が安く設定されており、長期投資にも適しています。幅広い銘柄への分散投資が行われますので、個別株式への投資と比較して、リスクの分散が期待できるということなどでしょう。

海外ETF(指数連動型上場投資信託)とは各種海外株価指数への連動を目的に運用される投資信託で、外国株式と同じように海外証券取引所に上場され、海外証券取引所を介して売買されるものです。

一般の投資信託の場合は、その日の基準価額でしか買付・解約申込みを行なうことができませんが、海外ETFの最大のメリットは「株価指数に連動することを目的に運用されているというわかりやすさ」や「分散投資のメリット」を備えつつ通常の外国株式と同じように市場での指値注文が可能な点です(海外委託取引の場合)。

最初は、分散効果が高い複数の国の市場に連動する商品から始めてみるのがお勧めです。徐々にETFが広がりを見せる中で情報も充実していくと思います。

海外ETFに投資する際の注意点として、前にも述べた為替リスクの存在に加え、情報の少なさが挙げられます。日本語での情報を得ることが難しい商品もあるため、初心者の方にとっては数ある商品の中から自分に合う商品を選ぶことが難しいことです。
スポンサードリンク

日経225連動型上場投資信託

日経225(日経平均株価)とは、日本経済新聞社が毎分、算出・公表しており、著作権なども保有していますので、「日経」を名称に冠しているのはこのためです。東京証券取引所第一部に上場する約1700銘柄の株式のうち225銘柄を対象として算出する株価指数で、東証株価指数(TOPIX)と並んで日本を代表する株価指数となっています。

日経225に関するETFが代表的なものです。ETF(株価指数連動型投資信託)とは、取引所で取引される株価指数連動型の投資信託のことを指します。ここでいう「Exchange」とは証券取引所のことです。

日興の投資信託などなら、投信スーパーセンターが手数料などが安くなっています。野村アセットマネジメントが運用をしているETFの一つで、日経225に採用されている、または採用が決定された銘柄の株式のみに投資している投資信託があります。どれを選ぶかは、手数料や自分の手持ちの証券口座などによると思います。

投資家の皆様の投資元金は保証されているものではなく、市場取引価格または基準価額の下落により、損失が生じることがあります。

ETFの正式な名称は「株価指数連動型投資信託」です。銘柄としては、ダイワ上場投信-日経225(大和證券投資信託委託)・日経225連動型上場投資信託(野村アセットマジメント)・iシェアーズ日経225(バークレイズ・グローバル・インベスターズ)・上場インデックスファンド225(日興アセットマネジメント)などがあります。インデックスファンドなので、どの銘柄の値動きもほとんど同じです。
スポンサードリンク

投資顧問会社とは

投資顧問会社とは、証券投資(株式や先物や債権など)などに関するアドバイスをする会社のことです。株式や債権などの有価証券に対して銘柄や価格や数量など投資判断を有償で投資家の助言を行うことをします。投資信託や投資法人を運営する会社に資産運用のためにやるべき事を一任することを言います。

投資顧問会社は

1.顧客を相手方として又は顧客のために証券取引行為を行うこと。

2.投資顧問業者と密接な関係にある者が、いかなる名目によるかを問わず、顧客から金銭・有価証券の預託を受けること。

3.顧客への金銭・有価証券の貸し付け、又は貸付の第三者への媒介、取次ぎ、代理を行うこと。は法律で禁止されています。

お客様と投資顧問会社との間で「投資顧問契約」を結び、その契約内容に基づいてアドバイスを提供する仕事のことを投資助言業務と言います。実際の投資判断や売買、資産運用などはアドバイスを基にお客さん自身でおこないます。

投資判断の全部または一部、そして売買注文など資産運用をお客様に代わっておこなう仕事のことを投資一任業務と言います。お客様は投資一任業務をしてもらう投資顧問会社と「投資一任契約」を結び、報酬として投資顧問会社に投資顧問料を支払います。

投資顧問とは、投資家に、株式や債券などの有価証券についての銘柄、数量、価格、売買の時期など投資判断についての助言する業務がそれです。投資顧問業にも2種類の業務があります。

1.投資助言業務は投資助言のみを行う業務です。投資判断は投資家自身でおこなうことになります。投資顧問契約はしないことになっています。

2.投資一任業務は投資判断と投資に必要な権限を投資家より委任されておこない、投資顧問契約を結びます。
スポンサードリンク

ドルコスト平均法の概要

ドルコスト平均法のやり方は簡単で、定期的に決まった金額を購入していくことによって、資産を積み上げていきます。なぜこの方法が良いかというと、(投資信託であれば)基準価額が上がっていると少ない口数、下がっていると多い口数が買い付けられ、安いときに平均するとたくさん買うことになるからです。

ドルコスト平均法の利点はこの方法で「一定の金額で」商品を継続的に購入すると、価格が高い時には購入できる商品の数量が少なくなり、安い時には多くなり、購入平均コストが安定します。これにより、「一定の数量」を継続的に購入する事に比べて有利であるとされることです。

ドルコスト平均法を実践するには自動積立などのサービスを利用することになりますが、資金があれば知らない間に買付が行われます。投資をする時もどうしても感情に支配されてしまうのが、人間の心理です。コツコツと根気よく買い続けられるドルコスト平均法は自動積立のような機械的な買付は有用です。相場が上がっても下がっても同じように買うのは自分ではなかなか難しいからです。

また、ドルコスト平均法の欠点は「一度に買い付けるよりも、ドルコスト平均法で買った方が購入単価が安く出来る」と誤解されることがありますが、数学的・理論的に誤りであることです(正しくは高値で買ってしまうリスクは低くなるが平均購入単価の期待値は変わらない、或いは投資機会を逃すという意味で不利になります)。

しかしながら、このような誤りを記載した投資本も見られます。また、投資目的の場合は、同じ商品を集中的に購入する事にもなり、リスクの集中につながる場合もあります。

※ドルコスト平均法とは、値動きのある商品を一定の金額で継続して購入し、 価格変動リスクを分散する方法を言います。定額購入法とも言います。
スポンサードリンク

分配型ファンドのメリットとデメリットを理解する

分配型ファンドのメリットは毎月分配されるため、その金額が減らない限り運用がそれなりに上手く行っているのかどうなのかが比較的判りやすいことと、年金世代には生活費の足しとして使用できるというがメリットとされています。短期的にある程度の収益が期待できることもあります。

毎月分配型ファンドとは、分配金を一定金額、支払う運用方針で行われるものす。最近では年金受託者を対象とした奇数月毎に分配金が支払われる投資信託も多く開発されています。

毎月1回配当を手にするため、配当を再投資するタイプのファンドのように、不測の事態に陥って、再投資した分を含めて基準価額が値下がるなどのデメリットもありません。ただし、分配型ファンドのデメリットは運用資産から毎月一定額の収益を引き出すため、運用効率はどうしても落ちる点にあります。

最近開発される投資信託のほとんどは毎月分配型ファンドで、投資家にも人気のようです。毎月分配型ファンドは長期運用による資産形成には不向きであることに注意が必要です。

毎月分配型ファンドを保有していると、毎月の分配に一喜一憂してファンドの基準価額には目が向かなくなってしまいます。しかし、一部の運用会社では、短期的に人気を集めるためにかなり無理に分配金を払いつづけ、結果元本部分が減ってしまっていることが分配型ファンドにはあるという事情は知っておいた方がいいでしょう。

配当や利払いの時期が上手く分散できれば良いのですが、3、6、9、12月に集中しているので、その間の月の投資が出来ない分、利回りが下がるということです。また、元本の収益性がよくわからなくなるという問題点があります。
スポンサードリンク

投資信託運用報告書から本質を読み取る

運用報告書には、過去のパフォーマンスの推移が表示されており、ベンチマークと比較することができます。ベンチマークより好パフォーマンスかどうかをここで確認することでファンドの動向が分かります。運用報告書は各ファンドの決算期ごとに発行されます。

インデックスファンドはベンチマークと同じ値動きを目的としており、アクティブファンド はベンチマークを上回ることを目的としています。運用報告書には、これ以外に運用経過として、実際の運用成績はどうであったか、ということとその理由について説明されています。ここでパフォーマンスが良いに越したことはありませんが、偶然の成績である可能性もあります。逆に、現在の成績がさほどよくなくても、長期的に好パフォーマンスの可能性を秘めているものもあります。

投資信託の運用報告書とは、購入したファンドがこれまでどのような運用がなされ、実績はどうだったのか、また、現在の経済・金融情勢を踏まえ、今後どのような方針で運用されていくのか、などを詳しく説明したものが運用報告書といわれるものです。

投資信託運用報告書で意外に見落とされがちですが、純資産残高の推移も重要です。長い間人気ファンドといわれているものは、そのファンドにほれ込んで長期で保有している人もいますが、新規で買う人も多いので、残高が徐々に増えていて、安定感があります。

投資信託運用報告書の内容は、運用実績、分配金、投資環境、運用経過と基準価額の推移、今後の運用方針などの説明です。それから、費用の明細、組入銘柄、主な売買銘柄、損益状況などについても図表が載っています。

投資信託の購入にあたっては以上の報告書を読んで見極める目を養っておくことが重要です。
スポンサードリンク

投資信託の種類

投資信託の種類は、運用対象別によって大きくわけると2種類あって、株式投資信託と公社債投資信託という種類になります。

公社債投資信託という種類は、株式を一切組み入れず、国債やといった公社債を中心に、短期金融商品も運用対象とする投資信託の種類です。

公社債投資信託はその性質上、値上がり益を狙うというよりも利息収入を重視する商品なので値動きが小さいぶんリスクも小さくなります。

株式投資信託という種類は一般に、株式を組み入れて運用することができる投資信託を言います。

株式を中心に、債券やCD・CP、コールといった短期金融商品も運用対象となりますが約款上は株式を組み入れることが可能な投資信託でも株式を組み入れないで運用する種類もあります。

株式投資信託では、値動きが大きくもっともリスクの大きい商品といえると思います。

日本株に投資するものと外国株に投資するものとがあります。

大幅な値上がり益を得ることも出来ますが、大きく損失を出す恐れもあるというのが株式投資信託の特徴です。

買付けで分類すると、一定期間しか募集しない単位型と、いつでも購入できる追加型の種類があります。

MMFや中期国債ファンドなどのようにお金の必要な時に当日に換金ができる種類のもの、または1年複利効果が期待できるもので期間が自由なものなど、好収益に加えて使い勝手に優れた便利な種類がいろいろ揃っています。

緊急な事態のために備えたお金や、近い将来使う予定のあるお金などの運用に最適な投資信託の種類と思います。




スポンサードリンク

タグ:株式 投資 信託 証券 投資 信託 公社債投資信託 国債 社債 債券 CD CP コール 短期金融商品 投資信託 外国株 日本株 単位型 追加型 MMF 中期国債ファンド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。