投資信託販売手数料と信託報酬

投資信託を利用した個人の資産形成で成功する秘訣は、買い増し時を大きく間違わないことです。具体的に言いますと、高値掴みすることを避け、なるべく市場が安くなっているときに買い増すように心がけることが、一重に信託報酬などの年間手数料をなるべく低く抑えられるか否かの鍵を握っていることになります。

個人の方が投資信託を利用して資産形成で勝利する場合は、たいていは、ノーロード(販売手数料が無料)で、なおかつ信託報酬を極力低く抑えられるか否かが、10年20年後に勝利の女神にほほ笑んでもらえるための成功の秘訣なのです。販売手数料は低く(手数料無料のノーロードが理想)、信託報酬は提供されるサービスに見合った水準、というのが投資家の皆様と同じ方向を向いてファンドを提供できる体系だと思います。

このように投資信託には大別すると2つの手数料があります。販売手数料と信託報酬です。(この他にも、信託財産留保金などがかかるファンドがあります。)

投資信託の販売手数料には、購入金額が大きくなれば手数料率を割り引く大口割引制のものがあります。販売手数料とは最初に投資信託を購入するときにかかる手数料です。例えば販売手数料1%のファンドを1万円購入すれば販売手数料は100円(プラス消費税)となります。ノーロードファンドですとこれがかかりません。

一方、信託報酬の方は保有期間と残高に応じて変わります。信託報酬が年間1%のファンドを平均残高1万円で1年保有すると100円ですが、半年保有なら50円です。また、信託報酬はファンドの資産から差し引かれるので投資家の方が直接支払う必要はありません。
スポンサードリンク

タグ:投資信託 資産 信託報酬 手数料 ノーロード 無料 ファンド

投資信託は手数料がかかる

投資信託で資産を増やしたいと考えている方にとって、手数料はなるべく低く抑えて、利益を出したいという気持ちがあると思います。

投資信託の内容にもよりますが、わずかな利益のために法外な手数料を支払っていたのでは利益がでないどころか、赤字になってしまいます。

というわけで、投資信託の手数料について調べてみました。

投資信託の手数料はそれぞれ投資信託の時期によって支払う投資信託の手数料は違っています。

まず投資信託を購入したときに必要な投資信託の手数料には、申込手数料というのが必要になってきます。

これはファンドごとに違っているのですが手数料には消費税も加えられます。

そして投資信託の手数料には、収益分配時にも手数料がかかってきます。

所得税や地方税です。

そして投資信託の手数料は、換金をする時にも必要になってきます。

換金手数料というものが投資信託の手数料の一つにあるのですがこの投資信託の手数料は、ファンドによって違っていて、場合によっては換金手数料が無料のファンドもあるようです。

投資信託の手数料には信託報酬というものがあるようです。

投資信託を運営している遠泳会社の収入なのですが運営している人に、人件費や情報量として信託報酬が支払われる形になります。

そして投資信託の手数料には、信託財産留保金と呼ばれる手数料が必要です。

この投資信託手数料は投資信託をやめる人が残っている額に応じて、ファンドに残すお金の事です。

また、解約手数料が必要になるファンドもありますからその場合には投資信託手数料として、解約手数料が必要になってきます。
スポンサードリンク

タグ:投資信託 手数料 申込手数料 収益分配時 ファンド 信託報酬 解約手数料
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。