野村証募集のブラジル・インフラ関連株投信、約800億円

野村証券が募集し、きょう設定された「野村ブラジル・インフラ関連株投信」(設定は野村アセットマネジメント)の設定額が796億1788万円と、800億円近い大型設定となった。
 同証券では今年1月に新規募集した「JPM世界鉄道関連株投信」で約1139億円を集めている。2カ月連続して分配型でない株式ファンドに、個人マネーが流入したことについて、野村証券は「個人が通貨選択型ファンドや債券型ファンドを選好する傾向に変わりはなく、株式ファンドであれば依然として新興国ファンドや中でもブラジルへの投資に人気があることにも変わりはない」としている。

 そのような中において、1月の「JPM世界鉄道関連株投信」は国内初の鉄道にフォーカスしたファンドで、新興国を中心とした都市化と、先進国では深刻化する環境問題を踏まえ、世界的に鉄道インフラの整備が加速するというテーマが投資家を引き付け、今回の「野村ブラジル・インフラ関連株投信」も「ブラジル」「インフラ」という成長性に結びつく格好のテーマが投資家に受けたようだ。

 「JPM世界鉄道関連株投信」の1000億円を上回る大型設定は、09年新規設定ファンドの当初設定額でトップだった「SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)」62007329JPの約956億円を抜いたほか、07年7月にドイチェアセットマネジメントが設定した「DWS地球温暖化対策関連株投信」62006154JPの約1541億円以来2年半ぶりとなる大型設定だった。

 10年の新規ファンド設定額ランキングでは、1位、2位を野村証券が募集した「JPM世界鉄道関連株投信」と「野村ブラジル・インフラ関連株投信」が占め、3位は大和証券投資信託委託の「ダイワ印伯中・国家基盤関連株ファンド─未来のデッサン─」(販売は大和証券)の約288億円となっている。
スポンサードリンク

投資信託にかかる税金

投資信託を購入すると収益分配金が得られます。解約した場合には、分配金のほかに解約差益・償還差益や売却益が発生し、それぞれ税制上の取り扱いが異なります。また、投資信託の種類によっても税制上の取り扱いが異なります。

異常な低金利が長く続き、個人の投資ブームより投資信託を購入する人が増えていますが、投資信託の収益の確定申告はどうすればよいのか、ポイントを見ていきましょう。

投資信託に係る税金は大きく分けて2つです。譲渡・解約・償還したときの損益にかかる税金と信託収益の分配を受けたときにかかる税金です。

公社債投資信託の収益の分配金は、所得税15%(ほかに地方税5%)の税率による一律源泉分離課税となります。

公募・契約型の株式投資信託の収益の分配金は、配当所得に該当しますが、利子所得並の所得税15%(ほかに地方税5%)の税率による一律源泉分離課税の制度が採用されております。

特定株式投資信託の収益の分配金は、株式の配当と同様に、20%の税率による所得税が源泉徴収され、総合課税の対象となります。

不動産投資信託の収益の分配金は、株式の配当と同様に20%の税率による所得税が源泉徴収され、総合課税の対象となりますが、株式配当と異なって配当控除の適用はありません。

なお、不動産投資信託の収益の分配金については、少額配当の申告不要制度や源泉分離課税の適用があります。

株式投資信託の収益分配金は受取り時に税金が源泉徴収されており確定申告は不要です。株式投資信託を売却・解約した場合、あるいは株式投資信託が満期を迎え償還された場合などは、収益分配金のほかに売却・解約・満期償還による損益が発生し、税制上の扱いが異なってきます。


スポンサードリンク

タグ:投資信託 税金 収益分配金 解約差益 償還差益 売却益 確定申告

投資信託 運用期間と中途解約手続

投資信託の分類方法に運用期間で分類するというわけ方もあります。運用期間に期限を設けているファンドというのは、定められた運用期限が訪れれば運用を終了します。そして投資家に分配を行います。しかし、この運用期限は必ずしも絶対というわけではなく運用成績で運用期限の延長もしくは償還日の延長も行われることが多いものを有限ファンドと言います。

無期限ということで運用期間が定められていないファンドがありますが、約款で定められている最低総資産以下にならなければ、ほぼ永久的に運用を行うものを無期限ファンドと言います。

投資信託の中途解約手続での問題として、売却益に対して税金がかかることがあります。投資信託を換金するときには個別元本を超えた金額(これを解約差益といいます)に対して税金がかかります。ただ、換金する際、「解約請求」と「買取請求」を選べる場合があります。

「解約請求」と「買取請求」では税金の種類が違い、状況によっては金額も変わるので注意が必要と思います。「解約請求」は、投資信託を「換金する」場合の一般的な方法です。

解約請求は、投資家が投資している投資信託の持分を、投資信託から取り崩してお金に換えます。一方、「買取請求」は、投資家の投資している投資信託を販売会社に売却するという換金方法です。以前は、「解約請求」が多かったのですが、最近では税制上の優遇から「買取請求」を選ぶ人も増えているようです。

ただし、投資信託や販売会社によっては「解約請求」しか受け付けないケースもありますので、投資信託を購入する前に換金方法について確認しておくとよいと思います。
スポンサードリンク

タグ:運用期間 中途解約手続 税金 売却益 ファンド 無期限ファンド 解約請求 解約差益 有限ファンド 買取請求 投資信託

投資信託の格付け

投資信託評価をしている機関は沢山ありますから、インターネットなどで検索してみて、投資信託の評価を参考にして投資信託を選ぶと失敗なく投資信託を選べるのではないでしょうか。投資信託を第三者から評価した意見を参考にするのはとてもいい情報源となります。

実は投資信託を評価会社の格付けをチェックして選ぶという方法は、アメリカでは昔からよく行われている方法だったそうです。アメリカでは投資信託がとても盛んに行われているのですが、日本でも最近になって投資信託を評価する会社が増えてきましたから、投資信託のサービスやパフォーマンスなどを評価して格付けをしているのだそうです。

投資信託を選ぶときにはいろいろな投資信託がありますから、その中から投資信託を選ぶというのは大変なことだと思います。そんな時には、投資信託を評価している第三者の会社がありますから、その格付けを参考にするというのはとても投資信託を選ぶ上で参考になると思います。

投資信託の評価というのはどこで知ることができるのかというと、インターネットなどで知ることもできますし経済雑誌などにも掲載されていることが多いようです。やはり投資信託を選ぶときには、投資信託を販売してる人からの情報をそのまま受け入れるのではなくて、第三者から投資信託の評価を格付けしてもらって公平な立場の意見を聞くということが重要かもしれませんね。

投資信託の選び方の一つとして、評価会社の格付けをチェックするということについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
スポンサードリンク

タグ:会社 評価 機関 アメリカ サービス 評価会社 格付け 第三者 パフォーマンス 投資信託

投資信託は運用実績で選ぶ

投資信託を選ぶときには騰落率ベンチマークを見るということによって運用実績がよくわかりますから、それを元に投資信託を選ぶというのは賢い投資信託の選び方だと思います。

騰落率という専門用語みたいな言葉がありますが、どういったものなのでしょうか。投資信託を行っている人ならわかるかもしれませんが、投資信託の初心者の場合には騰落率という言葉からわからないかもしれませんね。

追加型の株式投資信託では運用の成果を数字で見る場合には騰落率という指標を使って表示するということなんです。追加型株式投資信託では決められた期間の、基準の価額の動きというのはパーセンテージで現します。これが騰落率なのです。

例えば、基準価額が10800円だったとして、半年たって基準価額が10500円になったとします。ということは、この場合の投資信託の騰落率というのは半年で−2.78パーセントになったとうことになります。

もう一つ例をあげますと、基準価額が10500円だったとします。そして半年後には11000円になっていたとします。この場合の投資信託の騰落率はどうなるのかというと、半年で+4.76パーセントということになりますね。これが一定の期間での基準価額の動きをわかりやすくパーセンテージしているものです。

主だった複数の会社の追加型株式投資信託の騰落率を比べてみるということは投資信託を選ぶときにはとても参考になると思いますし、ベンチマークの騰落率と比べてみると成果がよくわかると思います。

投資信託の選び方の騰落率やベンチマークなど運用実績について紹介しました。
スポンサードリンク

タグ:投資信託 騰落率 ベンチマーク 追加型 基準価額 株式

投資信託の目的と期間

投資信託の上級者で、積極的に投資信託を活用したと思っている人は、株式型の投資信託を選んでもいいかもしれません。投資信託の選び方では、まず自分がどんな投資をしたいのか目的をしっかり立てて選ぶといいでしょう。

投資信託の目的がしっかりしていればその目的に合わせた内容のファンドを選べばいいのです。どのような投資をしたいのでしょうか。あまり危険性のない、安全な安定している投資信託を目的としたいのなら、公社債型の投資信託がいいと思います。初心者の投資信託はこの型が安心かもしれませんね。

もう一つ投資信託を選ぶ場合には期間によって選ぶという方法もあります。追加型と呼ばれる投資信託の期間は10年以上、または無制限の長期的な物です。そして単位型と呼ばれるものは、大体単位が決められていて5年から7年くらいの期間で投資信託を行います。投資信託を選ぶときには、自分がどれくらいの期間投資をしようと考えているのかということも投資信託の選び方のポイントの一つになるのではないでしょうか。

投資信託の選び方のポイントとしては、投資の目的や期間によって投資信託を選ぶという方法があります。投資の目的はなんでしょうか。自分はどんな投資スタイルで投資をしたいのか、最初に目的をしっかりと決めたほうがいいと思います。

このように投資信託の選び方には、目的をしっかりとさせて自分の投資のスタイルを決めることと、投資をする期間をある程度、最初に決めておくということも重要ではないでしょうか。
スポンサードリンク

タグ:投資信託 株式型 ファンド 投資 安全 公社債型 初心者 期間 追加型 長期的 単位型
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。